2015/04/16 up
ボタニカの魅力(TRIP30)
  • IMG_0924

Exif_JPEG_PICTURE

4/2

ヘルシンキでヴィンテージの食器専門店 ASTIA LIISA は、もう製造されていないARABIA社のBotanica(ボタニカ)も多数取り扱うお店で、店内には壁一面にボタニカが飾られており、その一面だけ小さな美術展のようにみえた。

エステリ・トムラよりデザインされたボタニカシリーズは繊細な絵柄がとても魅力的で花びらや葉、色のトーンはおさえてあり、手のひらサイズなのにとても印象的で、一枚一枚優しさが伝わってくるウオールプレート。
実は実物をみたのはこの時が初めて。

手に取った瞬間に絵柄の可愛さと繊細さに一瞬で魅了されてしまったのを今でも鮮明に覚えています。

そしてアラビア社の食器の特徴だと思うんですけど、持ったときにとても温かみのある手触りなんですよね。
陶器なのに、持つと心地よさが感じられるといいますか。

絵柄は沢山あって本当にどれも素敵で、選別するのにうんと苦労しました。笑

全部で10点程購入し、娘のランチボックス(ミイ)もお家用に購入。

帰国して自分用にも購入し我が家のリビングにも2枚飾ってますが、
お部屋を上品にそして心地よく飾ってくれるとしみじみ感じるプレートたち。
何なんでしょうか。しっくり、ほっこり、とさせてくれるんです♡

あ〜もっともっと欲しくなっちゃうボタニカちゃん。笑

CalmのWEBではあいにくすべてSOLD OUTになってしまいました。
ありがとうございます。

そしてこの後ボタニカに魅了された私達は雪の降る中、
いざマリメッコアウトレットへと足を伸ばしました。

つづく