2013/03/22 up
卒業
  • Exif_JPEG_PICTURE

先日息子が12歳のお誕生日をむかえた。

と言う事は私は12年お母さんをやっているってことになる。

彼と共に歩んで来たこの12年間は結構な確率で波瀾万丈で

彼がお空の上から私を選んで来てくれた事にとてもとても感謝せずにはいられない。

最近大きくなった事もあるから本当に口うるさく、ガミガミと怒ってしまう事も多々あって。

本当は親があれこれ言わない方が本人自身が考え、失敗してもそこから学びがあり、大きく成長するんだと思う。それなのに、日々の暮らしでついつい、口を出してしまうから、反省することもしきりだ。

そう、子供を信じるって事が大切なんだと思うのだ。ある本で「あなたが心配だよ。あなたが心配だから!」と子育てすると、子供自身もいつも不安になって実際心配する行動の方が多くとるとのことで、反対に「信じているよ」と子育てするともし何かトラブルに合った時でも、お母さんに信じられているから大丈夫!とその子自身が母親を心配させるような行動を控えるという。

この信じるってすべてにおいてそうなんじゃないかな〜と思う。

自分の選んだ人を信じる。自分の子育てを信じる。ともすれば、自分自身を信じるって事だ。

毎日の子育てで反抗期をむかえる息子にどう対応するか今の所悩みの種はつきないし、親としてまだまだだと思う事ばかりだけれど、そっと見守って

「いつもあなたを愛しているよ、あなたを信じているからね!」

そう言って育てていきたい。

人生の中で子供達と過ごせる瞬間の何ともはかないことか。

あっというまに過ぎ去る事を知っているから。

子供達のその瞬間の可愛さを毎日毎日噛み締めて心にインプットしなきゃ。

 

息子は来週小学校を卒業する。私も頑張って怒りんぼママを卒業!!

 

春風はそよそよと良き門出を運んでくれるにちがいない。

waka