2013/03/08 up
ウスペンスキー大聖堂(TRIP22)
  • Exif_JPEG_PICTURE

3月31日 土曜日

土曜日になりました。週末なので観光をメインに動こうかなと。

この四日間子供達をずっと買付に付き合わせたので、今日は息子が行きたがってるフェリーでの島や美術館などなど。ホテルからフェリー乗り場まで歩いて10分程。その途中このTRIP連載にも何度も登場したウスペンスキー寺院にも足を運びましょう。

ちなみに実は子供達は至って元気そのものだったけれど、夫のあき君の様子が朝からおかしかった。前日の夜にお酒の飲めない彼がめずらしく、フィンランドビールを買って来た。オーガニックショップで買ったキャベツのマリネとサーモン&ビールでその夜乾杯した私達。ビールは中々濃厚なお味で彼は3口程でやめたんだけれど、如何せんお酒がうけつけない身体。その夜はあっという間にダウンして眠りに入ってしまった。翌朝、中々起きてこないから、「どうしたの〜〜?」と声をかけるとなんと、「頭が痛い!!」と。もともと、頭痛持ちなので前日のお酒が残って?いるのか、定かではないけれど、本人いわく「お酒のせいだ、、」と。。。

そして肝心な彼の頭痛薬は持って来ておらず、「え〜!今日は観光だよ〜〜どうするの?」との問いに、「頑張っていくよ!」

そんなわけで普段より少しゆっくりめに、出発しウスペンスキーに到着。この日は少し肌寒くお天気もスッキリしないようす。

ウスペンスキー寺院は北欧最大のロシア正教の協会。実は聖母マリア様の協会なんです。

寺院のドームの中に入ると土曜日と言う事もあって礼拝が行なわれており、とても静寂で神聖な時間。観光客もちらほら。賛美歌と何やら司祭様が儀式を執り行っている。正面にはキリストと12人の使徒たちがテンペラ技法で描かれている。

美しいイコン(聖像の絵)にうっとり。

私達も他の参列者に混じり心を落ち着かせる瞬間。

 

ゆっくり呼吸をして夫の頭痛が治りますようにと祈りながらオルガンの音色に耳をすませていたその時!!

とても温かくそれでいて、全てを一瞬にして理解してしまう感覚。これはエネルギーを感じたと言った方が良いのかもしれない。

この時、今までの経緯がすべて キリストの守護と導きの上になりたっているとハートで感じました。

その時の感謝と溢れる感動は今でも本当に鮮明に覚えていて、とても、とても、大きな愛に包まれた瞬間だったのです☆

今までのミラクルもなるほどなあ。。と。勿論これはこれから起きるハプニングのその後も続きます☆

少し余談になるけれど、私たち全ての人は大いなる存在にサポートされています。それは私だけではないの。この連載を読んで下さってるあなたも、あなたも、あなたもです♡(ここで色んなお話もしたい処だけれど、ぐっと我慢。)

 

とても神聖な気持ちで寺院を後にし、フェリー乗り場に向かいます。夫の様子はまだまだ復活ではないけれど、少しだけスッキリしたような気も。

これから降り立つ島で少しゆっくり休もうね。

 

つづく